自転車のサビ落とし

冬の間は全く乗らなかった自転車・・・、マンションの駐輪場に置いていたら、かなり錆びてしまいました。元々がとても安い自転車で塗装されていないので、錆びやすいのもありますが、見た目がかなり貧乏そうに見えるので、サビ取りに挑戦してみることにしました。

アマゾンで検索していたら、1000円未満で評価の高い商品を見つけたので、今回はこれを使用してみます。

用意するもの

サビ取り剤

今回、使用してみたのはこれ!ジェル状のサビ取り専用剤です。ジェルなので下に垂れにくいです。


カンペハピオ 復活洗浄剤 サビ取り用 80g

スチールブラシ

サビ取り剤の説明には「布で拭くと取れる」と書いてありましたが、うちの自転車のサビは何かで擦らないと・・・と思ってこれも購入しました。100均でも同じようなものが売っていますので探してみてください。自転車以外に、ポストやゴミ箱などの小さなサビも取れて便利です。

SUNDRY ワイヤーブラシ3本組(S) SWB-3

いらない布、雑巾・ゴミ袋

最後にサビの部分をたくさん拭きますので、いらない布や雑巾を複数枚用意してください。使ったあとは廃棄になりますので使い捨ての布です。濡れたもの・乾いたものを用意します。無い場合はワイプオールという、あらゆる業務でも使われている紙雑巾が便利です。ゴミ袋は使ったあとの布を処理する用です。どこにも液剤が触れないようにすぐに処理してくださいね。
日本製紙クレシア ワイプオールX70 パルプ+ポリプロピレン 日本 (1パック・50枚入)

ビニール手袋

何か手にはめていないと、手がかなり臭くなります。強い液なので肌にもよく無さそう・・・。100均でも売っている普通のビニール手袋で大丈夫です。
使いきり手袋 ビニール 極うす手 掃除用 使い捨て Lサイズ 半透明 100枚

その他あるといいもの

パーマ液のようなものが苦手な方はマスクをしてください。サビが強力すぎる場合はサランラップもあるといいです。あと、洋服に付くことがありますので、作業中に高価な服は着ないでくださいね!

どのくらい汚かったかを比較するために、最初に部分写真を撮っておくといいかも!

 

ハンドルバーの錆びを落としてみました。

まずは、自分の視界にも入って一番目立つ場所「ハンドルバー」のサビ落としをしてみました。き・・・汚い・・・。

 

復活洗浄剤 サビ取り用 80g を塗布します。布やヘラなど使うと、もっと細かく塗れるかも。

 

塗るとすぐに錆びに反応して紫色になります。5分から20分ほど放置します。サビの強い場合はサランラップを上から貼って下さい。今回は5分間置いてみました。

 

布だけでは落とせそうにないので、スチールブラシで擦ります。

 

最後、いらない布で拭きとってみました。紫の部分はきちんと取らないと、あとで乗った時に手や衣服に付いてしまいます。水拭き、からぶきなどを繰り返してください。

 

するとここまできれいに!

 

さらに汚れの強い場所も、5分放置 →スチールブラシ →布拭きをしてみました。短時間で茶色いサビが取れました。

 

中途半端なので、2度目からは放置時間を長くすることにより綺麗になりました!サビの程度に合わせて、放置時間や回数を増やしてください。

 

見てください!きれいすぎ~!

 

同じくらいサビのついていたもう1台もついでに・・・。こちらも同様に5分ほど放置して拭いたあとです。完璧とまではいきませんが、見た目が古く見えなくなりました。

いかがでしたか?あとは、液剤は一切残らないように拭いてください。私は乗った時にジーンズについてしまい、シミになってしまいました。要注意!!!

メンテナンスをしっかりして、大切に乗りましょうね。
スポンサーリンク
おすすめの記事