初めてのロボット掃除機、たくさんありすぎて分からない方へ・・・人気の3台を比較!

ロボット掃除機初心者の皆さんは、あまりの種類の多さに戸惑っているのではないでしょうか。今回は、どれを選べば分からない・・・という方のために、これを押さえておけば大丈夫という、人気の3台をご紹介!最近はスマホと連動して、部屋をマッピング出来る、空間把握タイプのロボット掃除機が非常に人気です。

 

まずは、ロボット掃除機の代名詞「ルンバ」です。自動掃除機といえば、この名前が真っ先に浮かぶのではないでしょうか。国内外のシェアNO1です。

アイロボット「ルンバ961」

先進のナビ技術とパワフルな吸引力!なんと最大112畳を掃除できるそうです。ちょっとしたイベントスペースですよね。さすがにこんな広さの一般のお宅は無いかもしれませんが、オフィスでも対応出来そうです。

現在の吸引力は、従来品のなんと10倍!特殊なブラシでゴミをかき込みながら進みます。カーペットの隙間の埃もじっくりとかき込んでくれます。人力で掃除機で掃除するときは、ついつい早い速度で動かしがちなので、ゴミの取り逃しもありそうですが、これなら取れそうですね。ペットを飼っている方には、本当におすすめです。

スマホアプリと連動しますので、空間を判断して掃除してくれます。出先からの遠隔操作、スケジュール設定、掃除履歴の確認も可能です。

 

パナソニック「ルーロ MC-RS800」

走行奇跡を地図化して、掃除時間を短縮化するそうです。なんと言っても、3角形の形状が、角のすみずみまで入ってくれそうで、期待大です。障害物検知センサーが付いていますので、家具ギリギリまで近づいてお掃除してくれます。机や椅子などの家具が置かれている家庭には最適なのではないでしょうか。

スマホアプリで見られる「ゴミマップ」機能がすごい!掃除した場所、集めたゴミの量がわかります。どの辺りが一番汚れているのかわかると、自分で掃除する時も便利ですね。

 

スポンサーリンク

日立「minimaru RV-EX20」

この3つでは一番小型なロボット掃除機です。そんなに部屋は広くないしーという方も、小さなタイプなら導入しやすいのではないでしょうか。

最新のAI機能を使っています。椅子の間にも入り込んで細かく掃除してくれます。本体が入らない大きさだと意味がないので、ボディは小さいにこしたことは無いですよね。ゴミ捨ての頻度を減らすための、ゴミ圧縮機能もおすすめです。

専用アプリでは、スケージュール予約、掃除モードといった細かな設定が出来ます。

代表的な3つのロボット掃除機をご紹介しました!

いかがでしたか?この3つは、スタイリッシュな見た目も素敵です。ロボット掃除機を導入して、きれいなお部屋を保ちましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事