写真購入サイト売る方法買う方法

おすすめの写真購入サイトをご紹介!

ストックフォトと呼ばれる、写真購入サイト。チラシ(フライヤー)や、WEBサイトなどを制作する時にイメージ通りの写真を見つける際に重宝します。現在では、かなり多くのサイトがあり、それぞれ違う素材が売っていますので、まず見つからない写真は無いのでは?その中からおすすめの会社をご紹介します。

PIXTA(ピクスタ)


https://pixta.jp/

ロイヤリティフリー画像を販売していますので、一度の購入で様々な用途に使用できます。商品パッケージや放送・映像配信で使用する用にエクストラライセンスも購入可能です。

 

写真を買う方法
会員登録(無料)→素材を探す→支払い→ダウンロード

写真を売る方法
会員登録→入門テスト→素材をアップロード→審査→販売

 

運営国:日本
販売作品数:約4700万点~
販売価格:648円~
定額制プラン:あり
無料素材:あり

比較的、安価で人物素材が多くあります。PIXTA専属のモデルさんがいたり、写真家さん向けの講習があったりと、とても気になる会社です。

 

photolibrary(フォトライブラリー)


https://www.photolibrary.jp/

お手頃価格の人物画像や、料理、ビジネス、観光イメージに使える写真素材が特徴。写真素材が108円(Sサイズ)から買えます。カメラマン・クリエイター登録者の数はなんと60,000人!有料販売サイトですが、無料画像も15万点公開されています。検索から「無料」と打つと表示されます。無料画像はSサイズ(640px)のものが主流です。

 

写真を買う方法
素材を探す →会員登録(無料)→支払い→ダウンロード

写真を売る方法
会員登録→素材をアップロード(FTP一括可能)→審査→販売

 

運営国:日本
販売作品数:300万点~
販売価格:108円~
プリペイド:額面5,200円以上から値引きあり
無料素材:15万点~

 

Adobe Stock (アドビストック)


https://stock.adobe.com/
旧:fotolia(フォトリア)

1億!を超える写真、動画、イラストを扱う世界規模のフォトストックfotoliaが吸収されてできたサイト。運営はフォトショップ・イラストレーターで有名なAdobe。一時期は並存していましたが、現在はAdobe Stockに一本化されました。以前の作品も継続販売中、旧fotoliaのIDでもfotolia by Adobeのサイトにログインできます。作品ごとではなく販売の基本は定額制です。

 

写真を買う方法
会員登録(無料・Adobe IDでも可能)→素材を探す→支払い→ダウンロード

写真を売る方法
会員登録(Adobe IDでも可能)→素材をアップロード→審査→販売

 

運営国:アメリカ(日本法人あり)
販売作品数:約1億点
販売価格:10 点/月3,480円(年間プランあり)初月無料キャンペーン実施中
定額制プラン:あり
無料素材:あり

 

amana(アマナイメージズ)


https://amanaimages.com/

雑誌・TVを始めとする大手メディア向けの老舗ストックフォト。ロイヤリティフリー画像を販売していますので、一度の購入で様々な用途に使用できます。エクストラライセンスの購入で商品パッケージにも使えます。

定額制&低価格のストックフォトは姉妹サイト、アマナイメージplus(旧:for your images)で扱っています。https://plus.amanaimages.com

 

写真を買う方法
会員登録(無料)→素材を探す→支払い→ダウンロード

写真を売る方法
会員登録→入門テスト→素材をアップロード(アマナイメージplusにて)→審査→販売

 

運営国:日本
販売作品数:約4700万点
販売価格:税別3,000円から(plusは税別250円から)
定額制プラン:なし(有料メンバーシップ制度あり)
無料素材:なし

 

aflo(アフロ)


https://www.aflo.com/

広告・販促物から報道・映像までTVや雑誌で頻繁に使われる商業向けフォトストック。特に報道・時事・スポーツ・芸能はロイターやAFP・読売新聞などの作品も扱っており、他の追随を許さない規模で展開中。

税別500円から買えるイメージマートも運営中です。
https://imagemart.aflo.com/

 

写真を買う方法
会員登録(無料)→素材を探す→支払い→ダウンロード

写真を売る方法
会員登録→入門テスト→素材をアップロード→審査→販売

 

運営国:日本
販売作品数:約4000万点以上
販売価格:税別2,700円から(イメージマートは税別500円から)
定額制プラン:あり(インターネットパック税別3,5000円/月から)
無料素材:なし

テレビ番組で使われる素材に「アフロ」と入っているのを、誰でも一度は見たことがあるのでは?スポーツ写真に強いので、これからオリンピックの場面でたくさん見かけると思います。作家さんのクオリティや、おしゃれ度も高いです。

 

iStock(アイストック)


https://www.istockphoto.com/

メディア向け写真画像大手ゲッティイメージズ(Getty Images)が運営するストックフォト。素材ごとに一点3クレジットのプラスと1クレジットのベーシックに分かれています。定額制プランを上手に活用すると一点22円で使用可能。サイズによる価格の違いがないのが特徴。写真を売る際はESP(コントリビューターサイト)という別サイトで登録販売を行います。

 

写真を買う方法
会員登録(無料)→素材を探す→支払い→ダウンロード

写真を売る方法
別サイト(https://esp.gettyimages.com/)にて会員登録→素材をアップロード→審査→販売

 

運営国:カナダ
販売作品数:約8000万点
販売価格:クレジット制3クレジット税別3,400円
定額制プラン:あり
無料素材:あり

 

shutterstock(シャッターストック)


https://www.shutterstock.com

アメリカ・ニューヨークのストックフォト。150カ国で利用され、対応言語も21言語と圧倒的な規模を誇る低価格高品質サイト。販売者数も約65万人。その割に作品審査が厳しいことでも有名。年間プラン(税別月額25,000円)だと月に750点、一点あたり33円で使用できます。

 

写真を買う方法
会員登録(無料)→素材を探す→支払い→ダウンロード

写真を売る方法
会員登録→入門テスト→素材をアップロード→審査→販売

 

運営国:アメリカ
販売作品数:約3億点(動画・音楽含む)
販売価格:プリペイド制25点で税別28,000円(一店当たり1,120円)
定額制プラン:月額・年額制あり
無料素材:あり

 

123RF(ワンツースリーアールエフ)


https://jp.123rf.com/

利用者数1200万人を超えるアジアが拠点のストックフォト。毎月750点を12カ月間使用できる24万円の年間プランが最安値(単価は27円)。写真を売る際は123RFのコントリビューターサイトで登録販売を行います。コントリビューター数は30万人以上、毎日約9万点が新作で追加されています。

 

写真を買う方法
素材を探す→支払い(情報入力)→ダウンロード

写真を売る方法
別サイト(https://jp.123rf.com/)にて会員登録→素材をアップロード→審査→販売

 

運営国:発祥は香港、現本社マレーシア(日本法人あり)
販売作品数:約1億点(動画・音楽含む)
販売価格:チケット制135円(40チケット5,400円から購入可能)
定額制プラン:あり
無料素材:あり

 

Alamy(アラーミー)


https://www.alamy.com

イギリスが拠点の欧州系ストックフォト。173カ国のクリエーターから毎日約10万点が新作で追加されています。ニュース素材も各種扱っており、ヨーロッパの写真を探すには最高のサイト。使用形態によって価格が違い、パーソナルユースは9.99ポンド(約1300円)。写真を売る方法が独特で、審査時に提出するのは画像データのみ。通過後にタイトルやキャプションを入力します。

 

写真を買う方法
会員登録(無料)→素材を探す→支払い→ダウンロード

写真を売る方法
会員登録→入門テスト→素材をアップロード→審査→販売

 

運営国:イギリス
販売作品数:約1億7000万点
販売価格: 税別1,300円から
定額制プラン:なし
無料素材:あり

あまり知られていないサイトです。海外の人から見た日本の印象など、独特な画像がたくさんあります。日本人の視点とは違う画像をぜひ探して見て下さい。

 

snapmart(スナップマート)


【スナップマート】

ユーザーから写真素材を直接購入できるサービスです。カメラマン主体のストックフォトと違い、スマホなどで撮った日常の写真素材が多く公開されています。

 

写真を買う方法
会員登録(無料)→素材を探す→支払い→ダウンロード

写真を売る方法
会員登録→スマホで撮影出品→販売

 

運営国:日本
販売価格:405円~
定額制プラン:あり(10枚 ¥1,690/月他多数)
無料素材:あり

 

payless images(ペイレスイメージズ)


https://www.paylessimages.jp/

幅広いジャンルの写真・イラストをお手軽な価格で販売する日本のフォトストック。メンバー登録(無料)をすると4000点以上の写真・イラストが無料。30日間の無料体験期間もあります。

 

写真を買う方法
会員登録(無料)→素材を探す→支払い→ダウンロード

写真を売る方法
会員登録→入門テスト→素材をアップロード→審査→販売

 

運営国:日本
販売作品数:1億点以上
販売価格:432円(xs低解像度)から
定額制プラン:あり
無料素材:あり

 

Creative market(クリエイティブマーケット)


https://creativemarket.com/

海外のデザイナーさんが利用するグラフィック素材のサイトです。英語のみとなっています。フォントや加工用のテンプレートが多いのですが、一部写真も取り扱っています。

 

写真を買う方法
会員登録(無料)→素材を探す→支払い→ダウンロード

写真を売る方法
会員登録→素材をアップロード→販売

 

運営国:アメリカ
販売作品数:200万点(写真のみ)
販売価格:2ドルから
定額制プラン:なし
無料素材:あり

買うのも、売るのもお手軽!

個人でもブログ用画像を買ったりする時代です。数百円から購入できるサービスもあるので、とってもお手軽ですね。スマホ画像を売れるようなサイトも登場して、パソコンや専門的なアプリを使用しなくてもお手軽に販売も出来ます。皆さんも、売る方、買う方と、両方とも挑戦してみてくださいね。

おすすめの記事