Adobe Stock(アドビストック)でイラストを販売してみたのですが、実際作ったファイルと販売ページのサムネイルの色が全然違いました・・・。これだと購入した人も驚いてしまうかも。

▲こちらのデータを作成しましたが・・・・

▲販売ページで表示されているのは、この色でした。元と全然違います。

(現在は解消されています)

お問い合わせのお返事

この時は理由が分からなかったので、AdobeStockさんにお問い合わせしてみました。以下がお返事です。

 

『残念ながら、これはプラットフォームの技術的な問題です。ドラッグアンドドロップを使用すると、システムはカラープロファイルが割り当てられたjpegを生成します。色の変更を避けるために、FTP経由でアップロードし、jpegファイルを含めてください。』

 

Aiのデータしかアップロードしてなかったのが原因だったようです。

 

AI、EPS、または SVG ファイルをベクターとして直接アップロードすると、Adobe Stock サイトで表示したときに画像の色合いが変化することがあります。こちらは画像のプレビューのみに影響があるので、販売商品には影響しません。ただし購入する方はプレビューしか見てないので色は重要ですよね!

解決方法

Ai(EPS)のファイルと一緒に、プレビュー用JPEGも一緒にいれたZIP形式のファイルをアップしました。以前アップロードした画像を削除してから再審査に申請します。色味が異なっていても、同じ画像がすでに存在する場合は不採用になることがあります。

 

ちなみに、プレビュー用のJPEGをAdobe Illustrator CCで作成する方法は以下のとおりです。

①ファイル > エクスポート > ウェブ用に保存を選択します。
②プリセット: JPEG、最大、画質 100%
③画像サイズ:必要なサイズ(JPEG プレビュー最小解像度15 MP)を挿入します。
④保存

 

MPとは?
ドキュメントサイズの幅と高さのピクセル数をかけたものです。
(例)5,000px x 3,000px = 15,000,000(15MP)

 

イラストによっては、色の違いに気が付かない方もいるかも!販売開始したあとは、必ず販売ページを確認するようにしましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事