Huawei P20から、nova5Tへ買い替えました。
P20もカメラ性能に満足していましたが、今回はさらにさらにスペックがアップしています。それなのに価格はそれほど高くありません。他のメーカーなら、10万以上はするのでは?という性能でミドル価格(約6万円)です。

今回は、実際に撮影してみた写真をご紹介します。

主なスペック

・CPU:HUAWEI Kirin 980
・ROM:128GB
・RAM:8GB
・アウトカメラ:
4,800万画素(メイン)
1,600万画素(超広角)
200万画素(被写界深度測定)
200万画素(マクロ)
・インカメラ:3,200万画素
・バッテリー:3,750mAh
・USB-C 超急速充電
・カラー3色:ブラック・クラッシュブルー・ミッドサマーパープル

 

話題のCPU「Kirin(キリン)980」で、さらに高速に!ゲームをプレイされる方にも納得の性能ですよね。

写真の解像度一覧

解像度は、48MP(48メガピクセル)の8000×6000pixelなど、5種類から選ぶことが可能です。一番上のウルトラクラリティは、静止したまま2秒ほどかけて撮る写真なので、高画質の静止画を撮ると非常にきれいです。もちろん、RAW形式での撮影も可能です。

 

スポンサーリンク

広角モード

[4:3]12MP以下の解像度では、撮影時に広角モードを使用出来ます。全く同じ位置から、広角・等倍・2倍の3モードで撮影してみました。撮影画面の右側の〇部分を押すと、すぐに変更可能です。

今までのカメラでは、かなり離れないと景色が撮れなかったのですが、その場で広角モードにすることにより、広い絵を撮ることが出来ます。今回は、部屋の中の撮影でしたが、景色でこそ力を発揮できる機能だと思います。

マクロカメラの接写がすごい!

マクロカメラで約4cmまでの接写が可能になりました。実際にレンズを被写体に近づけてみると、ふわーーっと1~2秒でピントが合っていくのが分かります。合う速度がとても速いですし、すごく近いものがボケずに撮れるのは便利ですね。撮り方によってはおしゃれな写真が生み出されると思います。

 

▲ブラウンさんの顔を接写。肉眼では見えなかった埃なども見えました・・・・。4000×3000pxあります。まわりの明かりの状況・角度によっては、4cmではなく、5~6cmで合うこともあります。どちらにしてもかなり近いです。

実写サンプル

[4:3]48MPで撮影したラーメン画像です。8000×6000px(約8.5MB)ありますので、下記の青ボタンからダウンロードしてご覧ください!パソコンで100%表示で見ると分かりやすいと思います。

 

ビデオの解像度

4Kビデオ(3840×2160px)を撮影することが出来ます。こちらもかなりの綺麗さです!インカメラにして、自撮りをする時は、下の方の解像度にするとビューティーモードが利用できます。投稿動画など撮影する時にも便利ですね!

 

こちらが撮影動画になります!神戸にある「どうぶつ王国」さんで、動物動画を撮影しました。毛の感じとかも細かく表現できています。

 

旅行に行く方や、SNSの画像や動画をもっときれいに撮影したい方に、本当におすすめのスマートフォンです。もう別にカメラを持つ必要がありません。どんどん進化していくスマホカメラに、これからも注目です!

スポンサーリンク
おすすめの記事