タブレットを見る子供

タブレットの市場は、Apple2010年に初めてiPadを発売して以来、ノートパソコン、スマートフォンの以外に、電子市場にてユーザー向けのまったく新しいモバイル電子デバイスが新しいオプションとして追加されました。

iPadの絶大な人気により、タブレットはPC市場で最も急速に成長している部分になっています。

 

現在、少なくとも10ブランド以上のメーカーから数十種類の異なるタブレットモデルが発売しています。すべてのオプションはそれぞれの価値とユーザーエクスペリエンスを備えていますので、完璧なタブレットを選択することは不可能なミッションになっているように見えますが、市場には非常に多くのタブレットのモデルがあり、ユーザー自分のニーズと予算に合うモデルを探せば見つかります。その選び方を今回ご紹介します。

タブレットの選び方

タブレット端末

どのような場合で使えるかをとりあえず考えましょう

メールをチェックしたり、映画や動画などを視聴したりするだけの場合は、安価なものを買えば間違いありません。ただし、タブレットは主に仕事用、学校用、または個人用で区別することが可能となり、使う場面によっては、最適なオペレーティングシステムから理想的な画面サイズを判断するのに役立ちます。そのため、最初に最も重要なタスクとアクティビティをリストにし、性能や機能などを考えていきます。

システム(OS)

オペレーティングシステムもユーザーエクスペリエンスに重要です。一般的なのはAndroidWindowsiOSの3つとなります。

例えば、タブレットで多くの作業、特にドキュメントやスプレッドシートの作成などの操作を行う必要がある場合は、Windowsが搭載されているタブレットが最適です。

iPadは、ゲームまたはメディアの再生をメインに使う人にはおすすめです。

サイズ

可能な限り最大サイズの画面が必要ですか?それとも財布やカバンに簡単に入れるタブレットが必要ですか?大人だけが使うか、それとも5歳の子供がアルファベットを学ぶために使いますか?

このようなことがサイズを選ぶ際に考えることかと思います。

子供でも使いやすいタブレットのご紹介!HUAWEI MatePad Paper

Huawei MatePad Paper

タブレットを買いたいのですが、どのブランドのものがいいかわかりません。

大丈夫!今回、子供まで家族のみんなで楽しめるモデル HUAWEI MatePad Paper をご紹介します。

 

まずは、画面のサイズです。10.3インチの画面が付いており、80%以上の画面占有率があります。普通のタブレットより広い画面で見られます。

タブレットで本物の本を読みたい?HUAWEI MatePad Paper ならできます。

使えるテンプレートがいっぱい!ToDoリストからスケジュール管理まで、いろいろと便利に使えます。

録音と手書きの機能も付いています。会議の詳細を録音して、タグをつけて、聴くときにそのタグをタップすれば、すぐに聴きたい部分から再生されるので、内容を忘れずに整理可能です。

サードパーティの本のリソースも豊富にあり、子供たちは自分が興味のある科目を選択して、暇なときに知識を学ぶことができます。

また、ボーカル用に最適化されたデュアルスピーカーが付き、「本を読むこと」から「本を聞くこと」に変換することができます。

外国語の作品やニュース記事を読みたい場合は、翻訳機能を使えば外国語を母国語に翻訳することもでき、わかりやすく読むことができます。

 

子供にストーリーを読むことがしやすくなり、日本のものだけではなく、外国のも翻訳機能で優しく対応可能です。購入する matebook paperは本を読むことだけではなく、不思議な楽しさを体験できる次世代のタブレットになります。

 

おすすめの記事