フィリピンの有名ファーストフード「ジョリビー(Jollibee)」をご紹介!

先日、セブ島(フィリピン)に行ってきました。初めて訪れるフィリピン。ショッピングモールでよく見かけたファーストフード店ジョリビーをご紹介します。

ジョリビーとは?

ジョリビー(Jollibee)とは、フィリピンの超有名ファーストフード店です。国内だけで1200店舗以上あるそうです。フィリピンでは、マクドナルドを超える人気で常に1位を記録しています。ハンバーガーだけでなく、フライドチキンやご飯、麺のメニューなどを提供。フィリピン以外では、アメリカ、香港、ベトナム、サウジアラビアなどにも進出しています。

ハチ?のキャラクターが目印

この子はジョリビー君?赤と白のキャラクターです。店名にbeeと付いていることから、たぶんハチです。店の前にはこのモニュメントが置かれています。

たまに人間がはいったジョリビーも見かけました。人通りは結構あったのですが、特に珍しくないのか、あまり注目はされておらず・・・。お子さんが一人相手をしてくれたので良かったです。

スポンサーリンク

店内へ・・・

お店の中は、特に変わったことはなく普通のファーストフード店です。最初に注文・支払い、商品を受取るタイプです。

飲食スペースも清潔感があります。ここは郊外の24時間営業の店舗です。

ジョリビーのメニュー

ジョリビーは軽食が食べられるファーストフードチェーンです。
ハンバーガーはもちろん、フライドチキンスパゲッティービーフンのような麺、そして国民食であるお米を使ったメニューがあります。スイーツもあるので、老若男女問わず利用できそうです。セットは2~300円程度ととてもお安いです。


ご飯は、ハンバーガーのビーフパテを添えたハンバーグのセットや、フライドチキンのセットがありました。フライドチキン&ご飯って、日本だとあまり食べる機会がありませんよね。

今回2人で頼んだのは、ビーフン麺(肉・エビ・卵のせ)とフライドチキンのセット、そしてライスとフライドチキンのセット、クリーミーマカロニスープです。飲み物は普通にコーラです。
フライドチキンの見た目はケンタッキーとはだいぶ違いますね。クリスピー感の強い、パリパリのチキンです。

油っこくなく、チキン臭さも無く、さわやかなチキンでした。外はパリッ!中はやわらかです。グレイビーソースをかけて食べるのがフィリピン流です。私はあまりつけなかったのですが、慣れると中毒性がありそうな味です。ビーフパテのセットにかかっているのも、きっとこのグレイビーソースなのかもしれません。

一番珍しかったのは、このハンバーガーちっくなライス。開けるとお米がはいっているだけです。固められてる感じはしないので、おにぎり?ともちょっと違います。スプーンやフォークを使って食べました。意外にもフライドチキンは、お米のおかずになることが判明!ここのフライドチキンが、お米に合うように味付けされているからかも?

日本にはないの?

結構美味しくて気に入ったジョリビー。お米があることから、日本に来ても成功するのでは?と個人的には思っています。度々、日本進出の噂はされているそうですが、まだ上陸する気配はありません。

今回、滞在が短く、1度しか行けなかったので次回は違うメニューも試したいなと思っています。皆さんもフィリピンに行った際はぜひ一度、ジョリビーを体験してみてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事